ページTOPへ

高反発ドライバー 「ハヤブサビヨンド」の使用上の注意点!

半端ない高反発ドライバー 「ハヤブサビヨンド」の機能と使用上の注意!

<高反発ドライバー 「ハヤブサビヨンド」の優れた機能>

 

「ハヤブサビヨンド」は通常のドライバーと違い、ファイスに「Ti983チタン」を採用し、反発性の向上はもちろん、低重心・深重心により、打ち出し角も向上させたことで、最適スピン量が2,000~2,500PPMと理想の回転数になり、更にスイートスポットが広く、シャフトのしなりや、理想的なたわみの効果も加わり、よく飛び、しかも真っすぐ飛ぶという素晴らしいドライバーとして設計されました。

 

その結果が以下の図のようなイメージです。

 

 

まさに理想的な弾道で、インパクトの瞬間から感動で満たされそうです。

 

つい、コースでプレーしていることを想像してしまい、身体がうずいてきます。

 

半端ない弾道と飛距離は、体験した人しかわかりません!

 

 

<高反発ドライバー 「ハヤブサビヨンド」の使用上の注意

 

但し、高反発ドライバーにはデメリットもあります。

 

各メーカーは、長年、高反発ドライバーの開発にしのぎを削って製品化してきましたが、そのために球が飛び過ぎるということが問題となってきました。

 

それが、2008年に行われたSLEルールの改正で、その基準を満たさないドライバーは公式競技には使用できなくなりました。

 

SLEルールとは、フェイスがある値以上にスプリング効果(Spring Like Effect = SLE )を持ってはならないという基準のことで、クラブフェースの反発係数(COR)が0.830以内でなくてはならないということです。

 

残念ながら、高反発ドライバー 「ハヤブサビヨンド」は、0.8305と若干ですが、オーバーしているため、公式競技ではルール違反となってしまうドライバーなのです。

 

ということで、公式競技では使用できないのが難点です。

 

 

とはいえ、プロでもなく、競技ではないプライベートなプレーでは、そんなことは関係ありません。

 

逆に、これまで何年も会社に尽くし、定年になりやっと自由な時間を得て、気の合った仲間たちと楽しくプレーし、第二の人生を悔いなき時間とすることが大事なプライベートプレーヤーにとっては関係ないのではないでしょうか。

 

もう一度、この高反発ドライバー 「ハヤブサビヨンド」について、動画で堪能してみましょう。

 

如何でしたでしょうか。私はすぐにでもコースに出たくなりました。

 

そうですあの快感は味わったことのある人しかわかりませんよね。

 

もしお気に召したようでしたら、以下の公式サイトにて詳細をご確認ください。

 

「今後の相棒にしてみようかな」と思われたなら、思い立ったが吉日です。

 

悔いを残さぬよう、一歩踏み出してみましょう。

 

高反発ゴルフドライバー【HAYABUSA】

 

 

貴方のゴルフ人生に感激と感動がありますように!!!

 

次の記事 
 ⇒ 【高反発 ドライバー「ハヤブサビヨンド」が真っすぐよく飛ぶ理由が半端ない?】

page top